[Electron]Electronの開発環境を作ってビルドしてみる

お世話になっております。
しゃまとんです。

Electronご存知でしょうか。
ElectronとはWebの技術でデスクトップアプリケーションを作ることができるものだそうです。
なにやら新しそう感ですね。
いいところは、クロスプラットフォームなところでOSを気にせずアプリケーションが作れるという優れもの。Slackもコレを使って作られているらしいです。
ということで、とりあえずMacで環境つくってビルドするところまでやってみました。

どうやら開発にはnode.jsが必要なようでして、その辺をやっていきます。
まずはnodebrewを入れてnodeを使えるようにします。

一応バージョンを確認しておいて使える一覧を表示してみます。

今回は特にバージョン指定をせず、最新のものを使います。
インストール前にディレクトリを準備し、実行します。

次に最新版を使うように設定します。

最後にパスを通して、簡単に確認します(ターミナルを再起動等する)
パスはbashrc等に追記します。

これでnodeを使う準備が整いました。
さらにElectron関係を進めます。まずは必要なパッケージを入れます。
2つだけでいいみたいです。

多分、開発出来る状態になったので、awesome-electronから適当に選んで試してみます。
今回はuptermにしました。
githubの説明の通りにすすめて、npm startしてみます。

コンソールにメッセージが流れたあと、アプリケーションが立ち上がります。

次にappを作成してみます。少し時間がかかります。
環境によってはもしかすると署名等で失敗するかもしれません。

Building DMGでdmgが作成されています。distフォルダ出来ているので確認してみます。

実行すると、appをインストールすることができます。

簡単ですが、環境準備してビルドするところまでをやってみました。
JS詳しい人は色々すぐに作れそうで羨ましい!
以上です。

■ 参考
Node.jsをMacにインストールしてnpmを使えるようにする
MacにElectronをインストール