[Docker] prometheusをとりあえず動かしてみた

お世話になっております。
しゃまとんです。

少し前にTLにqiita経由で流れてきたprometheusについてずっと気になっていたので
触ってみました。
読みはプロメテウスでしょうか、、、最近注目を浴びている監視ツールだそうです。
githubで公開されてて、スター数がすごいです。

で、prmetheusがどんなものかですが前述の通りqiitaであったり、他の方が記事にしてくださっているので、そちらを参照していただくとよいです。

qiita – 次世代監視の大本命! Prometheus を実運用してみた

とりあえず自分は動かしてみたいと思ったので、簡単な構成でやってみたメモになります。構成はprometheusをdockerで動作(ローカルPC)させ、dplyで用意したホストを監視させました。

dplyのボタンつくってみた

※ 用語が間違ってたらごめんなさい

■ nodeとしてdplyでサーバを作成
dplyでなんでもお好きなOSでサーバを作成します。dplyが嫌という方は用意できれば何でも良いと思います。
作成後、node_exporterを取得し実行します。手順はこんな感じです。
※ 最新版はこちらで確認してください

実行すると、9100でlistenします。

■ Prometheusを起動する
prometheusはdockerhubで直ぐ使えるものが用意されているため、すぐに使い始めることができます。(docker run -p 9090:9090 prom/prometheus)
今回はnodeとして立ち上がっているサーバを登録するため、設定ファイルを作成して利用するようにします。

とりあえずベースファイルを取得します。

取得したymlファイルに追記します。(一番下の数行です)

準備ができたので、下記コマンドで実行してみます。

9090でlistenしているので、アクセスすると画面が表示されるます。プルダウンからnode_cpuを選んでExecuteすると、グラフが表示されるようになります。consoleにはdplyで定義したnodeに関しての値が表示され、取得出来ていることがわかります。

あとは例えば、ノードを追加してグループにしたりとか、アラート(alertmanager)を設定して通知したりとか・・・DBサーバも監視対象にしたりとか・・・でしょうか。
AWS等クラウドサービスにも対応しているようなので、少しづつ理解しながら使えるようになれればいいなと思います。

便利そうなニオイがプンプンしますね!
以上です。

■ 参考
【入門】PrometheusでサーバやDockerコンテナのリソース監視
Prometheusのインストール