[golang] zeroformatterでdelay_deserializeできるようにしてみました

お世話になっております。
しゃまとんです。

去年末にgolangでzeroformatterを作り始めたのを記事にしました。ありがたいことに、いいねをしてくださっていて嬉しい限りです。
今回はちょっとした進捗報告的な感じです。

[golang] zeroformatterを作成してみる
お世話になっております。 しゃまとんです。 タイトルの通りですが、ZeroFormatterをGo言語で使えるようにしたかったので、作って...

今回は前回の記事で課題にしていた、遅延してシリアライズするというものに対応してみました。どうやればいいかなーともやもや考えていたのですが、一旦やってみるかという感じで実装しました。

DelayDeserializeを呼ぶと、遅延評価用のデシリアライザを生成して返します。使えるのはindexが存在するデータを想定していて、golangではstructを利用することにしています。対象のデータが大きいときに後から評価したい場合に有効かもしれません。

READMEに簡単に記載しているのですが、下記みたいな感じで使います。
delay deserializeという英語が正しいのか謎です。

ちょっとずつ多言語対応拡がってるみたいですね!
対応したくさせるzeroformatterすごいです。

次はタグ指定できるようにしてみるかな。
あ、知見・ご意見・まさかり募集しておりますので、是非ご連絡くださいませ!

リポジトリはこちら

以上です。