CentOS7に.NET Coreを入れてhello worldしてみる

お世話になっております。
しゃまとんです。

UnityでC#を触り始めて、ふと「LinuxでもC#で開発できるのだろうか?」と思いました。
たしかC#ってMicrosoft的な何かじゃなかったっけ・・・と思いつつググると。

.NET Coreなるものが存在するそうで、Windows / Mac / Linuxな環境でC#の開発や実行が可能だそうです。
(monoとかいろいろあるんだけれど、まぁそれはあれで)

.NET Core – CentOS

紹介ページをみると、なんとも簡単に環境を用意できそうだったのでhello worldするまでやってみました。
サイトではCentOS7.1向けの手順となっていました(2016/06時点)。ちなみにPreview版でした。

とりあえず手元にあるCentOS6.7で試みたのですが、途中で何度もつまづきhello worldできなかったので、何もなければCentOS7でやるのがいいと思います。

ちなみにCentOS7でもちょっと余分な手順が必要でした。(preview版)だからでしょうか・・・以下、手順となります。

まず最初に記載されているコマンドを実行します。インストールしたての状態で実行すると何かしらのエラーが出ます。自分の時はこんな感じでした。

何やら足らないので、yum install で追加していきます。

これで再度実行してみます。

インストールに成功したようです。
続いて手順通りにリンクを貼ります。

手順通りに空のディレクトリを作成し、cdしたのち新規作成っぽいコマンドを実行します。

さらに手順通りに実行してみます。
restoreを実行すると、必要なモジュールをInstallするようですね。nugetして必要なものを解決してくれるようです。

最後に実行です。

こんにちは。

これからC#が様々なOSで開発に利用されていくのでしょうか。
Unity使っている人にはとっつきやすくていいかも(?)ですね〜

以上です。

■ 参考
LinuxでもC#プログラミング(導入編)

■ メモ
No package libmpc-devel available.といわれたら
epelを追加する

ldconfig -p | grep hogehoge でビルドしたライブラリが見つからない場合
/usr/local/libを認識させる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です