GithubクローンのGitBucketをCentOS6に入れる

お世話になっております。
しゃまとんです。

ひょんなことから、プライベートなgitホスティングサービスを触ってみる機会があったのですが、以前に「gitlabがあるけどインストールがややこしい」という噂を聞いていて、ちょっとめんどそう…かと思いきや、割りと簡単にセットアップできたので、それのメモです。

今回はgithubクローンなgitbucketを触ってみました。
gitlabに関しては公式サイトの手順でそのままいけて、yumまで使えるようになっていてサクッとできすぎる感じになってました!

他の方々が構築手順を載せてくださっていますが、自分は
・CentOS 6
・GITBUCKET_HOMEを/home/gitbucket/.gitbucketにする
・80ポートで確認できる
という条件で構築されるようにしています。

以下、手順です。
CentOSはこの辺から取得してインストールしてください。
ユーザーはgitbucketを作成し、sudoの実行権限を与えておくとよいです。

gitbucketはjava(tomcat)で動作するので、openjdkとhttpd(apache)をyumでインストールします。wgetはファイル取得に使います。

続いて、tomcatを取得します。サイトからversion8の最新版を取得してください。
取得したら、解凍しリネームしておきます。

次にgitbucketを取得します。こちらもサイトで最新版を取得してください。
取得したら先ほどリネームしたtomcatの下に移動させます。

これで必要なファイルが揃ったので、80ポートで受け付けるようにhttpdとtomcatの設定ファイルを少しだけ修正します。

※ServerNameは今回設定していません。

環境によってはiptablesが効いていると思うので、止めておくかポートを設定しておく必要があります。
今回の場合は止めておきました。

これで、tomcatを起動してhttpdを再起動したら、http://IPアドレスなど/gitbucket/でアクセスすることができます。(最初は表示されるまで数秒かかるっぽい)

githubと同じような間隔で使えるっぽいです!
user : root, password : rootでログインできます。

gitbuket_home

環境変数はこんな感じです。

gitbuket_home2

以上です。

■ 参考
CentOS 7でGitBucketを動かしてJenkinsで自動デプロイ
CentOSにGitBucketを構築してみた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です